プロフィール

はじめまして!

はじめまして、Ayumiです。4児の母です。子供たちは長女7歳、長男4歳、次男2歳、次女0歳。毎日てんやわんやですが、私は私のやりたいことをやっているだけです。

4児の母、イラストレーターです。

このブログで読めること

ここでは、4人の子供たちとの日常を綴った「子育てマンガ」と公認会計士創作マンガ「市場の番人 公認会計士 パンダくん」をメインに更新しております。

お好きなカテゴリーをメニュータブ、もしくは下記のボタンから選んでゆっくりお読みになってくださいね。

今、私がやりたいこと

ずばりそれは、、、、 自分の手で稼げるようになること です。

まだ模索中・・・だけど、

色々やってみないと始まらない!

グダグダ考えずに色々行動して生きてきました。

まずは 行動! 

そして、大事なのは 分析 からの 軌道修正 なのでしょう。

人生の段階ごとに思うことは様々。変わってくるから、その時々で修正していって全然いいと思うんですね。むしろその方が自然なんじゃないかしら。

ってことで、今、私は、とにかく

自分の力で食べていきたい。

ので、そのあたりをどうしたらいいか模索中です。

(2020年3月時点)

ドリルと新聞を作った理由

長女と長男に椅子に落ち着いて座る時間を毎日わずかながらでも作ろうと思って、ドリルや新聞を作り始めました。ドリルはひたすら解いて基礎力がつくものを、新聞は調べながら少し能動的に取り組めるものを、と思って作りました。

これをみなさんにも公開してみようかな、と思ったのがこのホームページの始まりです。

「学び」の鍵とは・・・

私自身は公認会計士の資格を保有し、中学受験、大学受験と受験勉強や資格勉強を経験しておりますが、塾にせっせと通いはしたけれど、結局「自分に火が付くかどうか」が鍵であって、「塾に通う」ことが大事なのではなかったな、と思っています。

自分に火がつくかどうか!

つまり、どんな方法でもいいんですが、人任せじゃなくて、子供たちが自分で自分の問題解決方法(それが勉強でも仕事でもなんでも)を見つけられるように親としては手助けをしたいと考えています。

その1歩として人が作ったドリル任せじゃなくって、子供たちを観察しながらドリルを自分の手で作ってみようと思いました。

まだ途中ですが、解かせたあとの振り返りもセットで更新していく予定です。

カテゴリーの説明

長男3歳用に作ったのは「やさしい」、長女5歳用に作ったのが「ちょっと難しい」としてカテゴライズされてます。

さーどうなるかな?私も楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました