子育て

3歳の息子が指しゃぶりをやめた方法

mooko🍑
もーこ

今回は「我が家の次男が3歳で指しゃぶりをやめた方法」を紹介します!

赤ちゃんって、おしゃぶりか
指しゃぶりをしちゃいませんか?


我が家の次男は3歳まで
「指しゃぶり」をしていました。

幼稚園の入園準備として、もうそろそろやめさせないと。。と、色々試した結果、3歳でやめることに成功しました。



もう大変で大変で。。。
長男のおしゃぶり卒業よりも
指しゃぶりは強敵でした。。

親指は隠せないし、彼の一部!

相棒そのもの!笑


なかなかお別れできませんでした。


その後、色々試した私が
初めからこれを試せたらよかった!
と、思ったやり方を紹介します。

指しゃぶりをやめさせたかった理由

指しゃぶりの影響

長男は「おしゃぶり」
次男は「指しゃぶり」だったんですが
どちらも気になっていたのは、です。

息子たちは、眠くなる時におしゃぶりや指しゃぶりをしていたくらいだったので、最初の方はかわいいなぁ。と特に気にもとめていなかったんですが、よく見ると指にタコができるほど吸っていました。



1歳頃から定期的に歯医者さんへ虫歯チェックに通っていたのですが、そこで歯医者さんから伝えられたのが、「指しゃぶりが及ぼす歯への影響」でした。



指を加え強く吸うことによって、
上の前歯は前方へ押し出され
下の前歯は後方へ押さえられます。その結果「出っ歯」「噛み合わせ」が悪くなったり、前歯が噛み合わない「開咬」になりやすくなります。


滑舌が悪くなったり、口呼吸になってしまったり、聞けば聞くほど悪影響がたくさんでした。


mooko🍑
もーこ
それに
すっごく指が臭くて。。笑
地味に嫌な理由の一つが「匂い」でした。

やめた方法

指しゃぶりをやめた方法

まず、指しゃぶりを卒業するために
私がやってみたこと


説得

毎回口から離す

最終兵器

3歳児に説得は難しい

当たり前ですが、3歳児に説得して
指しゃぶりをやめてもらうのは無理でした。笑

「指ちゅっちゅすると、お口もおてても
痛くなるから、バイバイしようね〜」なんて

優しく優しく諭しましたが、なんで?どうして?から始まり、眠たくなるといつの間にか相棒👍🏻とタッグを組んで夢の中へ〜💭


説得は難しくて諦めました。


本人の意思なしでは無理

指しゃぶりをし始めたら、毎回「おてて痛いよ」と声かけをして、口から指を離すようにしていました。
ですが、本人の意思でやめているわけではない為、毎回毎回親が口から離さないとやめないままでした。

口から離しても数分後には繰り返し。

一晩中起きて見張っているわけにもいかず
本人の意思で辞めてもらうことが大切だと気づきました。



最終兵器

指しゃぶりをやめさせようと
頑張ってもなかなか実らず。


どうしたらいいんだろう。。

なにをやっても上手くいかない事に
焦っていた頃、
かかりつけの歯医者さんから
こんなのあるけど、使ってみない?と
声をかけていただいて、こちらの商品に出会うことができました。


私も使ってみたんですが
このマニキュア本当に苦いんです。
でも、安心安全に作られているので
何の躊躇もなく塗れました!

寝る前に塗ると、指しゃぶりをしようと口に入れた瞬間 「うわ!!」と苦そうな顔。。

指しゃぶりなしでは眠れなかった次男も
「指は苦い」と、無意識でも認識するようになり、数日経つと指しゃぶりなしで、すんなり眠ることができるようになりました。


こうして我が家の次男は、
かむピタのおかげで親指を
卒業することができました!^^

お助け商品


指しゃぶりを3歳までしていると
周りから「愛情不足だ」と言われることも
多々ありました。

悩んでるママいませんか?


愛情不足なんかじゃないと私は思います。

だって最大限の愛を私は注いでいました。
それでも指しゃぶりは続いていたし
最終的に親の意思で卒業させてしまいました。


本当は本人が眠れる最高の相棒を
無理に奪いたくはなかったけど、
でも次男の将来を思っての
母なりの愛で、お別れをしてもらいました。

一人一人お別れの仕方はさまざまですが、
子供のことを一生懸命考えているママが

誰かの心ない言葉に
傷ついてしまいませんように。


mooko🍑
もーこ
毎日ママお疲れさま