妊娠・出産・子育て

切迫早産とは?

mooko🍑
もーこ
今日は私が経験した
切迫早産についてお話しします!

現在3人の子育て奮闘中のもーこです🍑

私は、第2子妊娠中に切迫早産と告げられ
緊急入院をしました。


初めて聞く「切迫早産」という言葉に
不安と恐怖を感じたことを今でもはっきり覚えています。

そんな時、私が頼ったのは、ネットでした。

すぐに「切迫早産とは」と、検索していました。



そんな不安を抱えているママやパパ
ご家族に少しでも私が経験したことを
お伝えできたらと思います。


切迫早産とは?

早産になりつつある状態

私は、第一子の妊娠中から
「切迫早産」とは無縁でしたが
第二子妊娠中の検診時、突然告げられました。


赤ちゃんは、通常、在胎37~42週未満で産まれてきます。
この期間よりも、お腹の中にいる期間が短い場合を「早産」といいます。
37週未満でお腹の張りや出血、破水など出産の兆候があり、早産になりつつある状態のことを切迫早産と言います。


子宮頸管

子宮頸管」とは、赤ちゃんがいる子宮から腔につながる部分で、出産時は赤ちゃんの通り道の産道になります。

赤ちゃんが十分に成長するまでは、外に出てこないよう、子宮口を固く閉じていますが、細菌感染やお腹の張りが頻繁におこるなどして
子宮頸管が短く、柔らかくなることで、早産のリスクが高くなります。



子宮頸管無力症

上記の理由ではなく、
張りなど何の前触れもなく
子宮口が閉じているはずの時期に
突然開いてしまう「子宮頸管無力症」という
病気もあります。



診断されたら

あなたにあった治療を

切迫早産になった場合
必要に応じた治療をする事になります。


薬の服用

私は切迫早産と診断されてから、
お腹の張りを抑えるお薬を「◯時間おきに
何錠」と決められた量服用していました。

安静、自宅安静

動くことでお腹が張りやすくなるので
軽度の方は、なるべく安静にと言われます。
その後、子宮頸管がさらに短くなると
自宅での絶対安静を指示されます。

この「絶対安静」ですが
「最低限の自分のことのみ」という指示で
私の場合は「お風呂」と「トイレ」以外
動かないで!と言われていました。

お子さんのいるご家庭や
周りに手助けしてくれる方がいない環境の
ご家庭は、本当に大変になりますよね。。

入院安静

入院安静は、重度の切迫早産の方(子宮頸管が短すぎるなど)か、自宅で絶対安静が困難な方(お子さんのお世話や、家事など、自宅にいると動いてしまう方)に指示が出ると思います。

私は、検診時「切迫早産」と告げられ
次の日には、大学病院に緊急入院になりました。大学病院へ紹介状を持っていき検査していただいたところ、車椅子に乗せられ、そのまま病室のベットへ運ばれました。

自覚が無かったのが、今思い出すと怖いことです。
車椅子で、猛スピードで運ばれ、即強い張り止めの点滴を刺され、ベッドで横になりました。
子宮頸管がそれほど短かったということですね。

子宮口を縛る手術

子宮頸管無力症などの方は、
子宮口を縛る手術「子宮頸管縫縮術」を行います。抜糸は、赤ちゃんが産まれてきても大丈夫な37週前後に行うようです。

原因は未だわかっていない

子宮頸管が短くなる原因は、未だにはっきりとは、わかっていないようです。


ただでさえ赤ちゃんをお腹に入れて
動いているママは、重たいしキツいし
免疫力も落ちるし、、、

それでも妊娠前と変わりなく
毎日を過ごさなくてはいけない環境だったり。


「切迫早産」を実際に体験した私が伝えたいのは、「無理をしないで!」ということです。

私の体験談

全然大丈夫!何ともないよ!と
毎日家事に、長男のお世話に、今まで通り過ごしていたら、いつの間にか子宮頸管は短くなり
緊急入院。


長男を残しての入院生活は
不安だらけの毎日で、
病室のベッドで泣いて過ごしました。


あの時もう少し休んだり、
自分の体調を気にしていれば
お腹の張りに気付けていたかもしれない。

長男を残して、一人ベッドの上で
ゆっくり入院生活なんて、、、
気持ちはどん底でした。


入院中は数時間おきのお薬と
強い張り止めの点滴に24時間繋がれていました。


副作用が強く、四六時中「頭痛」と「吐き気」に襲われ、動くことを許されなかったので、食事とトイレ、歯磨き以外は寝たきりで、シャワーも数日に1度です。


それに加えて嫌だったことが、
「内診」です。


毎朝、子宮頸管の長さを確認するんですが
診察室の前には、点滴を持った妊婦さんが
椅子に座り、何人も待っています。

みんな、出産までだと分かっていても終わりの見えないような、監禁状態の入院生活に、げっそりとしていました。


毎朝毎朝、診察台で股を開いて
検査されるって、私にとっては苦痛の時間でした。


息子には1週間に一度30分程度しか会えず
毎日涙を流して過ごした入院期間。


今考えると、どうせ入院しなきゃいけないなら
その時にできることを、前向きにやっておけばよかったなぁなんて、今だから思えるのかもしれません。


たった1ヶ月でしたが、
私にとっては長い1ヶ月でした。




1ヶ月入院した結果、35週での出産となり
予定日よりも、1ヶ月早い出産になりました。


我が子は生まれてすぐに
保育器へと入れられ、抱っこできたのは
ほんの数秒でした。

そこからは、新生児集中治療室へ
子供だけ1ヶ月入院しました。


妊娠中のママさん!!

無理をして動きすぎると
お腹も張りやすくなり
切迫早産へと繋がっていくかもしれません。

そうならないために、
動きすぎず、小さなサインも見逃さないように過ごしてほしいな、と思います^^

mooko🍑
もーこ
お腹の中で赤ちゃんんを守っているだけで、充分頑張っているママさん。
無理をせず、ゆっくりとお過ごしください^^