子育て

幼稚園と保育園 結局どっちがいいの?

現在子育てをされている方の中には
「幼稚園」「保育園」どちらに預けたらいいの?と悩んでいる方も多いのではないかと思います。
私も子育てをする中で、どちらに預けるのが正しいのか?と沢山悩みました。

我が家の子供達の保育歴
・長男 3年間「幼稚園」
・次男 1年間「保育園」
    3年間「幼稚園」
・長女 今年4月から「保育園」

我が家の子供達は「幼稚園」「保育園」
どちらにも通いました。
その経験から、悩んでいるママやパパのお役に立てればと思います。

幼稚園と保育園の違い

ママさん
幼稚園と保育園って
何が違うの?
もーこ🍑
まずは違いから説明するね!

幼稚園と保育園はここが違う

幼稚園保育園
目的教育保護者の就労に伴う保育
就労問わない就労者
入園3歳〜0歳〜
保育時間
8時〜18時
(園による)
7時30分〜19時
(園による)
保育料無償化0〜3歳所得に応じて、3歳〜無償化
給食あり又はお弁当あり又はお弁当
所轄文部科学省厚生労働省
保育者免許幼稚園教諭免許保育士免許
もーこ🍑
保育時間や給食などは
園によって異なると思うので、確認を^^

幼稚園の目的

幼稚園の目的は教育

ママさん

3歳からお勉強?何するの?

私が預けていた幼稚園では、学習ワークがあり、年少さんから鉛筆の持ち方、色々な形の「線」をなぞったり、平仮名のお勉強もありました。挨拶やマナーなどもしっかりと教えていただき、毎日たくさんの成長をして帰ってきてくれました。

幼稚園のメリット

学習力、マナー

平仮名は年中さんで読み書きできるように

体育教室、英語教室がある

挨拶がしっかりとできる

靴を揃えることができる

行事が多い

お勉強もそうですが、マナーなども教えていただき、3歳、4歳の頃は、落ち着いて行動することができるようになりました。
週に1〜2回、専門の先生が来られて
体育教室や英語教室も行われていました。
就労のための保育ではないので、保護者が参観できる行事も多くありました。
子供の幼稚園での頑張りを見れる機会が多いのは、親としては嬉しいポイントですね。

保護者の就労状況

幼稚園の保育の目的は教育なので
保護者の就労条件はありません。
家庭内保育が可能な方でも、入園できます。

幼稚園のデメリット

保育時間が短い

幼稚園は、保護者の就労のための保育ではないので、保育時間は「保育園」と比べると、短いです。

我が家の子供達が通っていた幼稚園では、
8時半〜14時半までが通常保育の時間でした。
通常保育外での預かりは、預かり料金を別途支払う形でした。
もーこ🍑
私が感じたデメリットは、このくらいでした。

保育園の目的

保護者の就労に伴う保育

保育園は、保護者の就労のための保育ですので、家庭内保育が不可能な方が、お住まいの市役所などへ「就労証明書」を出すことで、点数付されて保育園の入園が決まります。

上記の点数が高い方から順に、入園が決まるようなので、待機児童も多いようです。

保育園のメリット

保育時間や教育面

保育時間が長い

保育園は、保護者の就労時間にもよりますが、長時間保育(就労時間が長い方)の場合は、朝7時15分〜19時や19時15分頃まで保育が可能です。(預ける市や園にもよります)延長料も18時過ぎくらいからが、一般的かと思います。

幼稚園に比べると、圧倒的に保育時間は長いので、お仕事をされてあるご家庭は助かりますね^^

リトミックや英語教室も

我が家の子供達が通っていた保育園では
2歳児クラスでも、リトミック教室があっていました。以上児クラスでも、お花教室や英語教室など、沢山の勉強や経験を出来る環境が整っていて、幼稚園とさほど変わらないか、それ以上なんじゃないかとビックリしました。
(園によって、理念や方針も違いますので確認を)

先生とのコミュニケーション

これは本当によく感じたことなんですが、
幼稚園は降園時間が決まっていて、時間になると先生と子供達が、幼稚園の玄関で待機していて、すぐに帰るか、通園バスで帰るという流れなので、先生から園での様子を聞いたりコミュニケーションを取れる時間があまり、ありませんでしたが
保育園では、教室までお迎えに行くので
今日の様子や出来事を、先生が伝えてくれ、連絡帳にもしっかりと、今日の出来事を書いていただけます。
自分と離れている間の様子を知れるのは
幼稚園よりも保育園だなと感じました。

おむつ卒業

我が家の次男は、保育園の先生方のおかげで「おむつ卒業」できました!!
先生方が、毎日トイレを教えてくださったおかげで、ある日から急に「トイレに行きたい!」というようになりあっという間に2歳でオムツを卒業しました。
トイトレが大変だ〜というお母さんは多いですし、私も長男の時に大変だった記憶があります。
保育園に預けている間にオムツも卒業!
本当にありがたかったです。

保育園のデメリット

保育園に通わせていて感じるデメリットは
私にはありませんでした^^
強いてあげるとすれば、保育園は所得に応じての保育料なので、3歳の無償化までは、保育料がかかってしまうことくらいです。
先生は本当によく子供を見てくださっていますし、日々たくさんの成長をして帰ってきます。

昨日言えなかったことを
上手に言葉にできていたり。
トイレに座りたいと言い出したり。
着脱が自分でできるようになっていたり。
お歌を覚えてきたり^^

預ける年齢での葛藤

早くから預けるのは可哀想?

我が家の長男が2歳になろうとしている頃
家計のために働きたいと思い、保育園探しをしていると、祖母から言われたのは「こんなに小さな子を預けるなんて可哀想だ。3歳から3年保育か4歳から2年保育にしなさい」ということでした。

当時の私も、こんなに小さな子を
他人に預けて働いていいのだろうか?
この子の負担にならないだろうか?
たくさんの葛藤をしている時にこの言葉を言われ、自分がしていることは、子供にとって間違っている事なのだろうか?と傷ついたのを覚えています。

働かなければ、家計は苦しいし
でも預けるのも可哀想な事なのか、、、

結果、長男は3歳で幼稚園に預けました。


次男となると、それまでの子育てで精神的にも強くなり、葛藤しながらも保育園に預けることを決め、2歳から保育園へ通わせました。

結果は、「子供も私も幸せ」でした。


保育園へ預けるときは泣く次男に、
後ろ髪を引かれる思いで仕事へ行く毎日でしたが、毎日毎日できることが増えて、楽しかったことのお話をしてくれて、笑顔の次男を見ると、保育園へ預けて正解だったなと思いました。

自宅で二人で過ごしていると
私もストレスが溜まり、1日中ニコニコ優しくはなかなか出来ませんでした。

でも、少しの時間離れるだけで
愛おしさが何十倍にもなり
この子のために今日も頑張れた!と
心が満たされる毎日でした。

沢山葛藤しましたが、
早くから預けることが可哀想なんて
絶対にそんなことはない!です。

幼稚園か保育園で迷っている方へ
園によって「教育方針」「保育方針」「理念」は様々です。
自分たち親子に合っているのはどこなのか、しっかり見極めて素敵な園と出会ってください。

もーこ🍑
毎日ママ、パパ、
お疲れ様です^^